悩める不調を緩和させよう|月経前症候群は女性ホルモンの影響で発症

月経と関係した不定愁訴

相談

低容量ピルが効く

月経前症候群とは、月経の2週間ほど前からさまざまな精神症状や身体症状があらわれ、月経が来ると症状はなくなり、その後2週間は症状が出ないという状態が続くものです。精神症状としては、抑うつやいらいら、不安感や睡眠障害などが見られます。身体症状としては乳房のはりや痛み、頭痛や腹痛、腰痛、めまいや動悸などさまざまな訴えがあります。月経前症候群を診断・治療する診療科は婦人科、心療内科、精神科などです。一般的には月経前症候群かどうかの鑑別診断のために婦人科を受診するのがよいでしょう。その際、自分の月経周期と症状の現われ方を医師に説明するために、月経と症状の記録をあらかじめつけておきます。基礎体温も記録しましょう。月経前症候群はうつ病などの精神疾患と似た症状が出るため、月経周期と症状の現われ方にはっきりとした関連があるということが診断の決め手になるからです。婦人科を受診して月経前症候群であると診断され、症状が重くて日常生活に差しさわりがある場合は、低容量ピルを処方されることが多いでしょう。漢方薬などをあわせて処方されることもあるようです。低容量ピルを処方されると排卵が抑制されます。身体を一時的に妊娠したのと同じ状態にして症状を和らげようとするものです。低容量ピルは医師の処方が必要な薬で、副作用としては軽いつわりのような症状が出ることがありますが、しばらくすればおさまることがほとんどです。服用をやめれば、排卵は再開します。

生活習慣の改善

月経前症候群は抑うつや不安、いらいらといった精神症状も見られるため、これらの症状が強い場合は心療内科や精神科での治療もあわせておこなうことが考えられます。心療内科や精神科を受診した場合には生活習慣の改善指導と薬物療法がおこなわれます。月経にともなうある程度の変化は多かれ少なかれ誰にでもあるものであり、月経前症候群を強く感じやすい性格傾向の人というものもあります。これまで心療内科的な疾患で治療したことがある人、自律神経失調気味の人は、月経前症候群を発症しやすいといえます。生活リズムが乱れていたり、依存症があったりする人も要注意です。問診をおこなってこれらのことが明らかになれば、生活リズムを整え、食事や睡眠を規則正しくとるという生活全体の見直しをします。そのうえで症状にあわせた薬物療法をおこなっていきます。いらいら、不安感、抑うつなどに対しては抗不安薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬、漢方薬などが処方されます月経前症候群の症状を軽くするためには規則正しくバランスの取れた食事が大切です。血糖値が下がるといらいらが強くなりやすいので、ビタミンとミネラルが豊富なものを食間に取るようにします。アロマテラピーなども月経前症候群の症状を軽くしてくれるようですから、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。婦人科であれ、心療内科であれ精神科であれ、受診して薬を処方されたら自己判断で治療を中断することはやめましょう。それによってホルモンのバランスが乱れ症状が再び重くなってしまうことがあるからです。