悩める不調を緩和させよう|月経前症候群は女性ホルモンの影響で発症

女性ならではの悩み

先生

生理の症状と原因

女性なら誰もが人生の中で経験することとして月経があります。ほとんどの女性が定期的に毎月きます。そこで毎回生理のたびに辛い思いをする方が多いと思います。その症状について説明していきたいと思います。生理前にでる身体的にも精神的にも辛い症状を月経前症候群といいPMSとも言います。この症状は、女性ならではのホルモンのバランスによって起こるものです。女性には2種類のホルモンがあり、女性ならではの肌のはりや髪質、ダイエット効果もあるといわれるエストロゲンと妊娠のときに重要になってくる準備をしてくれるホルモンのプロゲステロンです。月経前症候群は、この2種類のホルモンバランスが崩れることによって起こる症状であります。月経前症候群は、人にもよりますが、ほとんどの方が生理の1週間前から始まります。症状がひどいかたなどは生理2週間前から症状を感じることが多いです。まず、身体的な症状としては、体がだるくなったり、眠くなったり、疲れやすくなったり、頭痛がひどかったり、食欲が増したりなどといった症状が現れます。精神的な症状としては、イライラしたり、怒りっぽくなったり、涙が止まらなかったりなどといった症状が現れます。このような症状が現れると非常に辛く、苦しいです。この月経前症候群を防ぐ方法として、自分たちでできる対策があります。その対策としては、お風呂に長時間浸かってリラックス効果を得ることや規則正しい生活を送ること、睡眠を多くとることや、食生活を整えることが重要です。しかし、このようなことをしても改善されないときがあります。では、どのようにしたら良いのでしょうか。

病院に受診する大切さ

月経前症候群は、もちろん生活習慣を整えることで非常に改善されるケースもありますが、仕事をしている方などはストレスなどで症状もひどくなるため辛いです。特に今は女性が活躍する場が増えているのが現状です。しかし、女性が働く場が増えていて非常良いのですが、会社として理解が薄いです。月経前症候群がひどいので生理前休暇といった特別休暇がありますが、理解が薄いため取りづらいと感じる方が多いと思います。そのため、自身の体にむちを打ってでも働くためストレスが増してしまうと思います。そういったときは産婦人科や婦人科で薬をもらうことも良いと思います。ピルなどを服用すれば症状が改善されるケースが多いからです。また、ピルに抵抗がある方は漢方薬といった方法でも改善してくれるので非常に安心です。ですが、このような薬を飲んでも精神的に改善されないことがあります。そこで良いとされるのが、心療内科に通うことです。心療内科でも月経前症候群についてみてもらうころが可能です。特に精神的な症状が強い方は心療内科を受診することがおすすめです。理由としては、カウンセリングの時間を長くとってくれて話を細かく聞いてくれたりするため精神的な安定が得られます。それから、心療内科ため精神薬など処方してくれるので非常に効果的といえます。また、精神薬と一緒にビタミン剤や貧血の薬などを処方してくれるので貧血気味の方などは良いと思います。しかし、薬に頼りすぎるのもよくないので病院にいって相談することが重要です。