悩める不調を緩和させよう|月経前症候群は女性ホルモンの影響で発症

月経前の不調

頭を抱えるレディー

ストレスによる影響が強い

女性ホルモンの変動により現れる心や体の不調のことを月経前症候群といって、神経を使うことが多い人がなりやすいともいわれています。一番の原因は女性ホルモンですが、神経質で生真面目な人はストレスから女性ホルモンが乱れやすいとされます。また、生活習慣も関係しています。女性ホルモンは体内に分泌されるホルモンの一種で、ホルモン分泌はストレスの影響を受けやすいものです。女性ホルモンは女性の心身にとって重要なもので、減少すると体調や気分に変化が現れます。月経前症候群は本人も周囲の人も悩むことがあるものですが、この症状は心療内科や婦人科にて診てもらうことが可能です。月経前症候群は精神的なつらさが目立つものなので、婦人科よりは心療内科で診てもらった方が良いと思います。婦人科は医師にもよりますが、女性特有のホルモン変動からきているものという説明をされます。心療内科では精神面からくる体の症状である心身症を診るところなので、精神的な軽減や改善に対する応えが期待できます。ストレスやホルモンの乱れは人間関係などで起きやすく、現代はいろんな場面でストレスを感じている人が増えているそうです。ストレスを感じやすい人が増えている原因には生活習慣も関わっており、栄養バランスの良い食事や質の良い睡眠、適度な運動や体を冷やさないなどを意識していないと、知らず知らずの内にストレスに弱くなります。生活習慣を良いものにすることでストレスに強くなり、女性ホルモンの変動による症状も軽くなることがあります。健康意識を高めることで、月経前症候群の改善や対策に期待ができます。

生活を見直すと軽減する

月経前症候群が起きるのは、月経前の3〜10日前といわれています。体や精神面に不調が起きますが、月経が始まってからは症状がなくなります。体の症状として頭痛やめまい、肌荒れや肩こり、さらには下痢や便秘、むくみなどがあります。精神面の症状としてはイライラや抑うつ状態、眠気や不眠、他にも過食や拒食などの症状が出るケースがあります。精神面の症状が強くて辛い場合には、月経前不機嫌障害PMDDと呼ばれます。人により起きる症状も度合いも異なりますが、自分が月経前症候群だと知らずに月経前の不調に悩む人もいます。単なる気分変動による不調ではなく、月経前症候群という一時的な状態なので安心してください。月経前の不調がある時には心療内科に行って診察をしてもらうと、自分が月経前症候群ということをちゃんと知ることができます。月経前症候群だと気付いた時には、思い悩まずに改善をするという思いを持ちやすくなります。女性ホルモンを乱すストレスをなんとかすることが必要なので、軽い運動やアロマなどでリフレッシュ、リラックスする時間を取ると良いでしょう。アロマでは女性ホルモンを安定させるといわれるローズの香りが良いと思いますが、好きな香りは人それぞれなので、自分が一番快い香りを選ぶ事が最善です。食生活では、女性ホルモンに類似する成分の大豆イソフラボンが豊富な大豆・豆乳を取り入れることをオススメします。豆乳は加糖のものが飲みやすいので人気ですが、加糖でないものの方が体には良いとされます。また、カフェインや加工食品・スナック菓子などはできるだけ食べ過ぎないようにしましょう。